FC2ブログ
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


08 , 02
一周年記念のコメレスとは別に頂いた質問にお返事です
いくつか質問を頂いたので、記事を分けてお話していこうと思います

今日は実況プレイで使っているマイクのお話。
いりふさんよりコメントを頂きました。
随分前の記事に頂いたコメントでお返事が大変おそくなってしまってごめんなさい

> 音声がとてもよく録れていますね。
> ノイズもすごく少なくてきれいな音だと思います。
> 何か技を使っているんですか。

ありがとうございます、綺麗に音声が聴こえていてよかったです(´v`)
まず私はこんなマイクを使って録音しています。

ELECOM ノートパソコン用マイクロフォン MS-STM95
エレコム (2006-05-22)
売り上げランキング: 1442


昔、電気屋さんで500円くらいで買いました。
安いマイクですが、PCに直接接続するタイプなので邪魔なコードがないのと
雑音も少なく音声をクリアに拾ってくれるので気に入っています。
このようなマイクで録音するときはなるべくマイクに口を近づけて話した方がいいと思います。
そうしないと、録音した音声がとても小さくなってしまいます。(私の声が小さいせいかもしれません・・・)
それから声が大きく入るように録音すると、雑音が遠くなるような気がします。

普段はベッドの上にPCを置いて寝転がりながら録音したり、
テーブルで座ってやるときは、箱の上にPCを置いてマイクがなるべく口に近づくように
高さを調整して録音しています。


P.S.
このごろ、録音した音声が途中でプツプツと途切れたりプツっと不快音がするのが気になっています
みなさんもこのように聴こえたことはありませんか?

例えば、こんにちはと言ったのに「こにわ」となってしまったり、
ヘイストって言ったのに「へストー」となってしまったり・・・笑
こんな感じで音が途切れてしまうことがたまにあります。
音が途切れた分時間短縮してしまい、音ズレが起きてしまうのも面倒で、
直したいのですが、原因が分からなくてちょっと困っています(´`;)




    
コメント

ずいぶん前のコメントなのにこんなにしっかり拾って下さって
とても嬉しいです。本当にありがとう。

実況でのおひるねさんの声を聞いている限り
実際の声はやや小さいのではないかと思いました。
でも音量は決して小さくなくて、それなのにノイズも
ほとんど乗っていなかったのでこんなことを聞いてみました。

この質問をした当時は自分自身実況を始めたばかりで
音声ファイルの編集もうまくできず、おひるねさんの
実況のクリーンな音を聴いてどうすればこういう音が
撮れるか試行錯誤していました。今は一応クリーンに
編集できるようになったつもりでいますがいかがでしょうか。
URLをクリックしてブログにお越しいただければ幸いです。

こちらも決して詳しい方ではないのですが、音声ファイルが
途切れるのはメモリなどが問題になりうるでしょうか。
動画を見ている側は気づかなくても、うp主の側としては
気になるところですよね。

こちらの質問にブログの記事まるまる一つを使って答えて下さって
重ね重ねありがとうございます。これからも楽しいコンテンツを。
いりふ [ 編集] URL * 08/03. 21:52

こにわーおひるねさん^^
ありゃりゃ、音がプツンプツンとな……。
僕も最近その経験しました!実況を撮り終えた後で、録音を聞いてみたら音が飛び飛びに…(つд;)
でも僕の場合原因は明白でした!
パソコンが熱暴走してしまい、処理落ちが起こっていたのでした…。
おひるねさんの場合はどうなんでしょう?
パソコンが熱暴走してたり、他のアプリケーションを起動させたりしたまま録音したら、パソコンの処理が追いつかず途切れ途切れになってしまうのでは、と僕は考えています。
他に考えられる原因は…自分はよく分からないですが、どうやらパソコンのマザーボードとサウンドカードだったか何だったかの相性が関係している場合もあるらしいです。解決策はてんで思いつきませんがw
僕の経験上ではこのくらいですかねー。全くもって参考にならなかったらごめんなさい
ではでは、パラサイトイヴの更新を楽しみに待っていまーす。バイバイ!
かづぉ [ 編集] URL * 08/05. 18:10
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nbohirune.blog57.fc2.com/tb.php/74-537648ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。